つむじはげ女性

つむじはげ女性の原因って何?

つむじはげ女性の原因や対策方法を解説します。

 

つむじはげ女性に多いのが、年齢が三十代~四十代に突入してからの薄毛です。二十代からの場合もありますが多くはありません。

 

そして、つむじから広がって、全体的に薄くなってしまうのが特徴の一つです。なので髪全体がぺったりとしてしまい、セットが決まりにくくなります。これは『びまん性脱毛症』と呼ばれることもあり、多くの女性を悩ませています。なので、つむじだけの問題ではなく、髪全体のボリュームダウンについて考えるべきなのです。

 

男性のようなツルツルのハゲにはなりにくいのですが、女性の場合は全体の髪の量が減ってみすぼらしい印象になりがちです。そして何より、男性に比べて女性は薄毛の方の割りあいが少ないので、他の人と比較してみじめな気持ちになってしまいやすいです。

 

すぐに原因を見つめて、対策していかないと、年齢が進むにしたがって悪化してしまうことになります。

 

女性の薄毛の原因とは?

 

女性のつむじはげの主な原因は、女性ホルモン分泌量が低下してしまうことにあります。

 

↑は女性ホルモン分泌量のイメージ図ですが、

 

加齢とともに女性ホルモンが減っていくことがわかります。30代に入ると一気に減少に転じてしまいます。

 

女性ホルモンが毛髪が健康に育つのに必要なものであることは有名ですが、女性ホルモンが加齢によって減少してしまうので、当然髪の毛も減っていくわけです。

 

ホルモン減少の主な原因が「加齢」なので、そのままにしているとただただ髪の毛が減っていくことになってしまいます。

 

 

どうすれば薄毛は改善できる?

 

女性のつむじはげの原因がわかったところで、次は対策方法を紹介していきます。ずっと暗い話をしたので、「もしかして治すのは難しい…?」というイメージを持ってしまったかもしれません。

 

ですが、実はそれほど難しい話ではありません。

 

すでに書いた通り、

 

1,女性ホルモン分泌量低下

 

以上が女性の薄毛の原因です。

 

であれば、

 

1,女性ホルモン分泌量低下→女性ホルモン分泌量の安定化

 

この状態に持っていけば自然と髪の毛が育ってくる可能性が高いわけです。

 

 

女性ホルモン分泌量を安定させるには?

 

女性ホルモンは加齢によって減少することはすでに取り上げた通りです。なので、女性ホルモン分泌量を安定化させるには、外部から取り込むしか方法はありません。

 

まず思いつくのが食事による対策です。大豆イソフラボンはエストロゲン(女性ホルモンの一種)とよく似た構造をしているので、うまく食事にとりいれることで美肌効果などがあることが有名です。

 

なので、大豆を食べれば効果がありそうに思えますが、薄毛に関してはそこまで単純ではありません。というのも、食事で摂取しても体全体に循環してしまい、頭皮に作用する分はかなり減ってしまうからです。実際、頭皮は全体の皮膚の9%しありません。なので、もし頭皮に効果を発揮させようと思ったら、ものすごい量の大豆を食べる必要があります。大豆は体によいとされていますが、必要以上に食べると害になるのは言うまでもありません。

 

したがって、有効成分は頭皮から取り込む必要があります。

 

頭皮に有効成分をしみこませることで、有効成分自体の量は多くなくても、しっかりと頭皮に作用させることができるようになるのです。

 

 

具体的な対策とは?

頭皮に直接作用させるものといえば、これは育毛剤以外にありません。

 

加齢による女性の薄毛、さらには産後の抜け毛(産後脱毛症)など、女性の薄毛に悩む女性は増えてきています。そのため、女性の薄毛にピントを合わせた育毛剤も次々と登場してきています。

 

育毛剤というと、「効かないんじゃないの?」というイメージがどうしてもつきまといます。ただ、それはあくまで男性の場合です。男性は薄毛の原因が『遺伝』なので、育毛剤では改善しないことが多く、そのために育毛剤によくないイメージがついてしまっているのです。

 

ただ、女性の薄毛の場合、主な原因が「加齢による女性ホルモン分泌量低下」にあるわけです。女性ホルモン分泌量を安定化させる成分はいろいろありますし、頭皮からきちんと浸透できる育毛剤であればしっかりとした効果が見込めるのです。

 

その証拠に、しっかりとした女性用育毛剤の場合は返金制度が設けられています。効果に自信がある商品であれば、数カ月もの長期間にわたって返金制度があることもあります。

 

男性の育毛剤の場合、結局は効かないことが多いので、返金制度がある商品はほとんどありません。しかし、女性の育毛剤の場合はそんなことはないのです。

 

したがって、以下のことに注意すれば、効果が見込める女性用育毛剤は絞れてきます。

 

1,有効成分がしっかり頭皮に浸透するか
2,返金制度に力を入れているか

 

↑の点に注意することで、良い育毛剤は自然とわかってくるのです。

 

これらの条件に適した育毛剤を以下に解説します。

 

女性に効果の高い専用育毛剤実力ランキング

ベルタ育毛剤


酵素ドリンクなど数々の女性向け健康商品を発売しているベルタブランドの育毛剤です

 

女性の薄毛専用の成分だけを凝縮し、香料・添加物は未使用。しかも成分がナノ化されているため、頭皮にしっかり浸透・吸収されて効果を発揮します。

 

『ナノ化』というのは、有効成分が微粒子(ナノ)の状態になっているということです。頭皮の毛穴よりもずっと小さくなっているため、すんなり毛母細胞に有効成分が届いて浸透するということになります。

 

処理にコストがかかるので、女性用育毛剤の中で『ナノ化』を実現している商品はほとんどありません。

 

そのためか、厚生労働省も女性の薄毛に効果があるとして医薬部外品に認定しています。

 

 

さらに驚きなのが90日間の完全返金保証制度です。育毛剤はある程度使用し続けないと効果が実感できないものですが、90日間の返金制度があれば安心して利用することができます。

特徴
1、有効成分がナノ化されており、頭皮にしっかり浸透する
2、90日間の完全返金保証
3、電話対応が丁寧
4、格安の定期便パック

↓ベルタ育毛剤の公式サイトはこちら↓
http://belta-shop.jp/

 

 

 

マイナチュレ


有名な育毛剤なのでご存じの方も多いかもしれません。女性専用の育毛剤としては抜群の知名度を誇っています。

 

もちろん効果・評判も高く、香料・添加物もナシで安心して利用できます。成分のナノ化はされていませんが、40種類以上のケア成分が入っており育毛効果が期待できます。

 

90日間返金制度もあり、安心して取り組むことが可能です。

特徴
1、有効成分が30種類以上含有
2、90日間の返金保証
3、格安の定期便パック

↓マイナチュレの公式サイトはこちら↓
http://www.my-nature.jp/

 

どっちの商品がいいの?

 

2つ紹介されると迷ってしまう!という方もいらっしゃるでしょう。ここでは上で取り上げた育毛剤の比較をしてみました。

 

まずは2つの商品の比較表をご覧ください。

 

  ベルタ育毛剤 マイナチュレ
定価 8,980円 5,095円
初回購入 3,960円 3,790円
定期コース 4,980円 4,742円
頭皮ケア成分 56種類 41種類
ナノ化 32種類ナノ化 ×
抗糖化 ×
添加物 ナシ ナシ
返金保証 90日間 90日間
知名度 ★★ ★★★★★
公式サイト

 

まずベルタ育毛剤ですが、発売されてまもない(2015年1月発売)のため、まだ知名度はやや低いです。一方、32種類の成分がナノ化されており、頭皮の抗糖化にも対応しています。そのため、成分面などの中身を重視する方にお勧めです。

 

次にマイナチュレですが、発売されてからある程度期間がたっており、売れ行きも好調のため知名度は抜群。女性専用育毛剤の中では随一の知名度を誇っています。ただ、有効成分の種類ががベルタ育毛剤に比べて少なく、ナノ化・抗糖化も未対応のため、知名度を重視する方に推奨できます。

 

あと価格についてですが、定価はベルタ育毛剤の方が高いですが、初回購入・定期コースだと大差はありません。1日あたりに換算すると8円程度の差なので、それほど考慮しなくてもよいでしょう。むしろ、割引率はベルタ育毛剤の方が高く、お得感はあります。

 

 

 

頭皮環境の老化・糖化

女性ホルモンの分泌量減少とは別に、頭皮の糖化も薄毛の主な原因となります。

 

糖化とは、かんたんにいうと「焦げ付き」のことです。食パンを焼いたときの焦げた部分を想像してみてください。カチカチに硬くなって水分をはじくようになってしまいますね。

 

それと同じことが、頭皮で起こってくるのです。

 

糖化の原因は以下の通りです。

 

加齢、パーマ、カラー、睡眠不足、栄養不足、栄養の偏り、シャンプーの回数が多すぎ(少なすぎ)、ストレス、喫煙、過剰な飲酒など

 

いずれも体に良くないことばかりですが、当然ながら頭皮にも良くない影響があるということです。

 

糖化が進行すると、血行不良や毛穴の劣化などが起こって髪の成長を阻害してしまうのです。

 

対策自体は簡単で、↑に取り上げた「頭皮によくないこと」を一つずつ改善していくことです(栄養バランスを見直す、禁煙・禁酒する、睡眠をしっかりとるなど)。ただ、仕事や家事などで忙しかったり、飲み会を断れないなどの理由で改善が難しいときは、育毛剤の力を借りて頭皮の環境を整えることを目指すのも手でしょう。

 

男性の薄毛対策は女性には効果ナシ!

 

育毛剤といえば、男女兼用をうたう商品も多く出回っています。ですが、男女県境の育毛剤は、女性にはほぼ効果がないと言っていいでしょう。

 

その理由は、女性と男性の薄毛の原因が違うということです。

 

男性の場合、薄毛は遺伝的要素が強く、育毛剤はほとんど効果がありません。最近ではプロペシア・ミノキシジルなどの育毛成分が登場して、やっと多少は改善するようになりましたが、副作用などの問題もあってまだまだ育毛への道のりは遠いものとなっています。

 

ただ、女性の場合はそうではありません。主な原因が女性ホルモンの分泌量の低下、そして頭皮の糖化にあるため、そこが改善できれば比較的簡単に育毛が可能なのです。

 

具体的には、まず頭皮の糖化を抑えて血流を改善させます。そして、頭皮に有効成分をしみこませることで徐々に薄毛が改善していくのです。

 

なので、男女兼用ではなく、女性専用の育毛剤が効果的なのです。


 
札幌闇金相談メガマックスウルトラホンダフィット値引きサラ金審査甘いオフパコ